本文へスキップ

阿部技術士・労働安全コンサルタント事務所は、ものづくりの現場における労働安全の構築と品質の作り込みをサポートします。

TEL. 088-694-3482

〒771-1330 徳島県板野郡上板町西分字橋北16番地2

よろず見聞録1Experience & knowledge

1)リースクレーター博物館(月の石)

 ドイツ連邦共和国のバイエルン州にあるネルトリンゲンは1500万年前に落下した隕石の跡にできた直径25kmのリース盆地にある。その街にあるリースクレーター博物館はリース盆地の成り立ちや衝突の影響を受けた周辺の地質に関する展示が中心である。博物館には 1972年4月に打ち上げられたアポロ16号が持ち帰った月の石も展示されている。月の石の成分がネルトリンゲンの岩石と似ていることや、かつてアポロ14号と17号の飛行士がフィールドトレーニングに訪れたことなどのNASAとの繋がりにより「月の石」が特別に展示されることになったとのことである。

月の石

(アポロ16号が持ち帰った岩石95kgの一部、
 2004.7.3撮影)

 初めて月面着陸に成功したのはアポロ11号である。
アポロ11号は1969年7月16日に打ち上げられ、4日後の7月20日、月面着陸に成功した。

 That's one small step for a man, one giant leap for mankind.
(これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。)

 これは人類の歴史上初めて地球以外の天体の上に降り立った船長ニール・アームストロングの言葉である。
 その後、最後の打ち上げとなったアポロ17号まで、成功した6回の月面着陸により、月面から持ち帰った岩石その他の物質の総量は約382kgに上った。
   内訳)アポロ11号、1969年 7月16日打ち上げ、 22kg
      アポロ12号、1969年11月14日打ち上げ、34kg
      アポロ14号、1971年 1月31日打ち上げ、 43kg
      アポロ15号、1971年 7月26日打ち上げ、 77kg
      アポロ16号、1972年 4月16日打ち上げ、 95kg
      アポロ17号、1972年12月7日打ち上げ、111kg
                           
                   (2012.11.14)
                                           よろず見聞録一覧へ戻る

バナースペース

阿部技術士・
労働安全コンサルタント事務所

〒771-1330
徳島県板野郡上板町西分字橋北
16番地2

TEL 088-694-3482
FAX 088-694-3482